口内炎にはちみつや塩が効果的・・・はホント?

口内炎

いろいろと調べてみたのですが、どうも口内炎にはちみつを塗るとか塩(荒塩)を塗ると治る・・・という噂があるようですが、どちらも根拠はなさそうです。

 

荒塩を患部に塗ると激痛が伴うそうです・・・(本当に治るんだろうか?)

 

スポンサーリンク

口内炎治療は病院へ行こう!

 

結論から先に申し上げれば、口内炎が気になるなら、すぐに病院へ行きましょう!

ということです。

 

通常、口内炎は、放っておけば2週間もすれば治ってしまいますが、気になる人は、早めに病院へ行ってレーザーを照射してもらうなり、お薬をもらって塗っておけば比較的早く治ります。

 


<スポンサーリンク>


 

昔は、綿棒に「硝酸銀」という薬を塗ったものを患部にあてて、「焼く」なんていう治療法がありましたが、現在は、「硝酸銀」自体が販売されていないので、この治療法はやっていないようです。

 

現在は、このレーザーによる治療が口内炎治療としては、即効性が高く、痛みも無いのでお勧めです。

 

ただ、料金が病院によってまちまちで1,000円程度から3,000円ぐらいまでと幅があるので、前もって病院へ行く前に確認しておいた方が良いかもしれません。(答えてくれるかどうかは分かりませんが・・・笑)

 

 

どんな病院へ行けばいいの?

 

では、口内炎を治療すするには、どんな病院へ行けばいいの?

 

ということですが、基本的には、「歯科」、「耳鼻咽喉科」、「内科」、それから「皮膚科」となります。

 

 

塗り薬も効果あり

病院や薬局で売っている口内炎用の薬のほとんどはステロイドを含有してるお薬です。

 

ステロイドなのでとりあえずの効き目はありますが、成分がすぐに患部から落ちるというか無くなってしまうので、いちいち食事のたびに塗り直す必要があります。

 

また、数回の使用なら問題ないですが、ステロイドは使いすぎると副作用があるという話は昔から噂されていますよね。

 

まとめ

 

口内炎は、自分がただの?口内炎だと思っていても、がんなどの重大な病気(ベーチェット病や白血病を含む)ということもありえるので、やはり自分だけの判断によらず、病院へ行って診察してもらうことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました